かんきゅうのぶろぐ

輝け!我らが栄光のブルートレイン!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行方は?

016.jpg
2011/5/5 外房線 大網駅
異端児にも関わらず影が薄かったケヨ34編成。戻ってくるとの噂もあるが…果たして?
ちなみに写真をいつ撮ったのか探してたらまさかの5年半前…懐かしの大網駅先で。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/02(水) 19:39:30|
  2. 【旧作】あの日私は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

峠を越えて

2015-05-23-.jpg

2015/5/23 東北本線 白石~越河

宮城と福島の県境付近に位置する越河。棚田を手前に配するこの撮影地は往年の名所である。
日の長い5月から7月にかけては早朝に通過する北斗星も撮影可能。いつかは訪れたいと思っていた。
すると5月末に週末と天気がシンクロする予報。
だがこの日は大学のオリエンテーション合宿があり、軽井沢へ行く予定となっていた…。
しかし北斗星も夏で引退。どうしても撮りたい!成績には加味しないという点から合宿を自習休講。
金曜日の授業が終わると東北本線を一路北上、終電で越河へと向かった。
街灯ひとつない真夜中の4号を歩くこと30分、現地に到着すると立ち位置を確保して麓でマルヨ。
翌朝、天気を確認して一安心。雲の通り道である峠も梅雨入り前の五月晴れで文句なし。
セッティングして待つこと小1時間、定時やってきた北斗星は棚田に自身を光らせて通過していった。
合宿に行かなくて本当に良かった…最高の笑顔でこの後はさらに北上し、快晴予報の青森へと向かっていたのだった。
  1. 2016/06/08(水) 01:29:10|
  2. 【旧作】あの日私は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅の79に魅せられて~北斗星~

2015-05-24.jpg

2015/5/24 津軽線 蟹田~中小国

全国最強として名高いED79牽引の北斗星。通過は4時代、まだ西日本では日の出すらしてないのではないかというほどの早朝である。晴れるだけでも感涙モノだが、やはり狙いたいのは狙っても撮れないような1枚。いくつか候補を用意し、2015年度のシーズンが開幕した。
5月末、週末の晴れ予報を確認すると足は自然と青森へ向かっていた。土曜日は寄り道で越河俯瞰の北斗星を極め、仙台から高速バスで北上。昼はロケハンを兼ねて白鳥などを撮影し、終電で蟹田へと向かった。上空は予報通りの星空だが、風速は予報に反して無風。ということは…当日の撮影地としたのは蟹田の築堤である。この撮影地、5月末は水を張った田んぼに列車が映り、綺麗な水鏡となる。しかし、そう簡単に思い通りの写真が撮れるはずはない。田んぼの時期はもちろん、風が一切吹かず、さらに早朝の津軽地方には霧が出やすく晴れ予報でも太陽が当たらないことが多い。霧をなくすには北西の風が吹くことが重要であるがそうなると波が立ってしまう。いくつもの条件をクリアして初めて撮れる1枚は、年に1回撮れるか撮れないかの難関である。
夜が明けると次々と鉄が集結、みな中望遠のアングルに構え始めた。しかし、その立ち位置では編成後部が畦にかかってしまいせっかくの水鏡が台無しである。どうせ撮るなら妥協は許されない。しっかり編成が映る場所に三脚を立て、なるべくローアンになるように構図を組む。時折崩れる鏡に恐れながらも、通過直前には収まり遂に舞台は完成した。やがて奥から姿を表した主役はゆっくりゆっくりと舞台の中央へ。手前の棒がカマから抜けた瞬間シャッターを切り落とす。早朝の津軽が見せた一瞬の奇跡を目に焼き付けた。
  1. 2016/03/25(金) 03:23:39|
  2. 【旧作】あの日私は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅の79に魅せられて~はまなす~

2015-09-23.jpg

2015/9/23 津軽線 中沢~後潟

21日青森発をもって廃止となった急行はまなす。当初「ブルトレじゃない」などと言いながら撮影したコイツもブルトレ全廃に伴いメインの被写体となり、青森へ足繁く通ったものである。
写真は9月のシルバーウィークのもの。時変により面に陽が回るようになったここ後潟ストレートで増結編成を狙おうという考えである。田んぼにはまだ黄金色の稲が残りロケーションも完璧。奥からやってきた編成を飾るのは通称「白なす」。1枚しかないこのカンであるが、編成に映えない所から私はあまり好みではない。それでも晴れてくれただけで十分。マイナーな撮影地にはマイナーなヘッドマーク、今ではお気に入りの1枚である。
  1. 2016/03/23(水) 20:12:53|
  2. 【旧作】あの日私は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅の79に魅せられて~カシオペア~

2015-07-05---.jpg

2015/7/5 津軽線 中沢~郷沢

クルーズ臨として運転存続が決定したカシオペア。関東口のEF81牽引の期待が高まる中、いわゆる津軽海峡線の牽引がEH800になることは間違いないだろう。思えば紅いカマに牽かれる北斗星を求めて目指した青函。狙いの北斗星は中小国で、木古内で、釜谷で輝いてくれた。また2015年度のトレンドとも言える急行はまなすも定番油川を始め多くの撮影地で撮影をすることができた。しかし、海峡最難関のナックカシオペアは1枚も撮影できていなかった。
チャンスが訪れたのは去年の7月。この週末、リバイバル海峡にカシオペアクルーズと大賑わいの青函に全国のテツが大集結。土曜日、予報に反して晴れたリバイバル海峡の残留組に加わるべく我ら一行も本州最北を目指した。日曜日は北斗星、はまなす、カシオペアと立て続けに早朝の津軽を駆け抜けるため、私たちは「国内最後の『朝三』」と称し、いつにも増して気合を入れていた。
北斗星、はまなすと順調に撮影し、やってきたのは中沢ストレート。北斗星で撮れなかったこのアングルをカシオペアで頂こうという考えである。手前の障害物と奥の草の処理がなかなか難しいこの撮影地、時間がない中なんとか場所を見つけ前列をハイアングルで交わし構える。やがて踏切が鳴り、奥から現れたナックの編成は思い通りの半ツラであった。V!最難関とは程遠い普通の光線であったがなんとか課題の1枚を持ち帰ることができた。
  1. 2016/02/22(月) 20:06:29|
  2. 【旧作】あの日私は
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

かんくす

Author:かんくす
鉄道ファンのかんくすといいます
たった1枚の写真を撮るために今日もどこかへ向かいます

写真の無断転載はしない様お願いいたします

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
【新作】撮影記 (87)
【新作】本日の京成ネタ (17)
【旧作】あの日私は (28)
【旧作】在りし日の京成 (3)
2012年度冬季北日本遠征 (7)
2013年度夏季北日本遠征 (7)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
10265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2322位
アクセスランキングを見る>>

訪問者カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。